恋愛

とある理由で交際中の彼と派手な喧嘩になってそのことが原因で

そんな気はないのに付き合っている彼氏と派手に喧嘩になり、そのことで彼と別れようとは考えないけど、彼氏自体もとっても憤慨していて、こちらの方も折れるのは嫌だ。このような時は、どのようにしようか迷うと思います。そのあと少し時間が過ぎて気持ちが落ち着いたとき、彼氏の方からメールとか電話くれるといいな、などと期待することもあるはずです。大体、彼の方から連絡があると思います。しかしながら、日数が経過しても、進展が無いあなたの方からさりげなくメールしましょう。そうすれば彼氏もホッとするでしょう。

交際する前にはお互いに駆け引きみたいなことをすることだってあるでしょう。しかしカップルになれた途端、それをしなくなる人がいるかと思います。仮に恋人になっても男女の駆け引きが大切だと思うべきです。デートするたび、愛してると言っていると言われてるほうは油断しかねません。好きだからとはいえその想いを我慢して客観視したりあしらってみる、それからデートのたびに愛してると言わないことも方法の一つです。恋人の緊張が緩まないようにうまく立ち回ってください。

恋愛中というのは悩むこともあると思います。自分で考え抜いて到達した結果に従う方もいたら違う人もいます。知人なんかにアドバイスしてもらう人もいるでしょうし占いの先生に相談する方もいると思います。種類は何であれ占い師というのは自分の考えじゃなく占いを元にし、そして、占い師が培ってきたこれまでの経験や能力を使い方向を示してくれます。冷静な助言を求めることのできる相手なんですね。ですので、恋愛の相談をするには最適なんです。

異性・同性関係なく明るい笑顔で応対されると嬉しいものですよね。笑顔を向けてくれた相手が男性の場合、特別な感情を持っていないのにドキリとした経験はありませんか?私のときは、高校で、隣の席にいた男子に「(私の)笑顔が好き」なんて言われました。テストのときに「すっごい難しいー」などと言いながらニコッと笑って会話をすること数回。特に仲が良かった相手でもなかったのですが、その彼は私を好きになってしまいました。このことから笑顔っていうのはとても大切な事なんだ、と断言できます。

付き合っている彼は「必要?」と言うとき「これ、よう?」と言うんです。実際にあったのだと、食事中に「ねえ、ポン酢よう?」って感じです。このことを彼の地域の言葉かと思っていたんです。しかしある日彼のママに会って事実が判明したのです。「よう?」勝手に方言と信じていた言い回しはお母さんのオリジナルの言い回しだということが。この言葉によって恋人がどれほどのマザコンかとっさに察することができたように思います。

今の彼女と遠距離恋愛だった頃2~3週間に1回ほどの回数で会っていました。休みの日に会いに行ってたので二日は一緒に過ごしていました。だけども帰り際がすっごく哀しくなりました。離れるときはデートできないよりも切ないといつも思います。そういった時は僕の場合は泣かないで彼女の方にたくさん泣かせてあげたのです。私ももちろん辛いですが、彼女の流す涙は全てにおいての大きな力の元でもありました。

お互いなんですが、交際するまでに相手の何もかもを理解することはほぼ不可能なことです。もし、お相手がマザコンだったら・・・。最悪の場合だと結婚した後に気が付くこともあります。交際が始まり、何かと母親の話が多い、といったその人のマザコン男子の疑惑が湧いたら「そんなことを言うあなたとはこれ以上はやっていけない」と遠慮せず伝えるのです。そうすることできっと彼は恋人と母親をはかりにかけるはずです。そしたらどちらかを選ぶはずです。そしてその男性があなたではなく自分の母親を選んだら、そのときはきっぱり彼氏とは別れましょう。

中学生の時、後輩に好きだと言われました。ですが、その後輩が伝えてきたのではなくその一つ下の男の子の友達から聞かされました。「自分の友達が先輩の事が好きで付き合いたいらしいです」といった具合に。よく知らない男の子だったし「他人に伝えさせるなんて一体なんなの?」と言われた時は思ったのですが、外見が良かったから了解しました。とはいえ、付き合うと後輩は友人を使い代わりに告白したことを納得できるほどのシャイな男子で別れる結果になりました。

悩む原因は女性・男性で随分異なっています。女性が男の抱える悩みを聞かされた際にやらないほうがいいことが3つあります。まず最初に何とか分かろうとはしない。次に過剰に賛同しすぎない、最後に鋭い意見は避けるという事なんです。男という生き物は自尊心が高いので少しの事では悩みを人に話すことはないです。従って、悩みを話すときは大体の確率で参っているし苦しんでいます。

愛ということに悩んだとき、占いを見る方などもいるかと思います。その恋愛の占いの信憑性については正直言うと不明ですが、気持ちの面で援助になってくれる事も多々あります。恋愛運を上げてくれるアイテム・カラーなどといったものはあなたを励ましてくれる意味でも価値があるといえます。心底から信じるからその通りになるとは断言できませんが、恋愛に関しての心のしこりを解消する一つの手段になるんです。そんなわけで、占いを取り入れてみるのも悪くはないでしょう。これからの恋愛のためにも占いのできそうな箇所だけうまく取り入れながら自分を高めていきましょう。

ライブチャット おすすめ

学生時代に年下の男子に交際を申し込まれ…

中学生の時、後輩に好きだと言われました。ただ、本人が言ったんじゃなくてその年下の子の友人に聞かされたのです。「自分の友達があなたと付き合って欲しいと言ってるんです」という具合でした。よく知らない子で「他人に伝えさせるとは意味不明」と初めは思いましたが、見た目がタイプでその告白を了承しました。でも、付き合ってみるとその男の子は人を使って告白させたことに納得せざるを得ないほど恥ずかしがり屋で関係を解消せざるを得ませんでした。

昔ですが、相席ラウンジで働いていた男性スタッフと付き合ったことがあります。ものすごくイケメンで私からその彼に「付き合って欲しい」と伝えたところ「今、彼女が三人いるんで」と言って断られたんです。彼女が複数人いる、そのことにはものすごくビックリしてしまいました。でもそれでも、諦めることができなくて迫り続けたらその結果、付き合えることになりました。だけれども、4番目としてでしたが。そこからはのし上がろうと一生懸命私も努力しましたが、ふとしたことで私の事を大事にしてくれるちゃんとした男性と付き合うことになったんです。相席ラウンジで勤務する彼のことは将来が見えない人に全力を注がなくてもと感じ始めていたので自分から離れることにしたんです。

スマホ以前のガラケーのときに、「前略プロフィール」というサービスが流行っていました。今で言うと恋活アプリと同じもので大学生のとき、「前略プロフィール」を使用して男性と出会った事があるんですが、アピールすることが得意ではないので書き込むのは仲の良い友人に頼みました。そしたら、ある男性からコンタクトがあって、電話で連絡を取り合い、素敵そうな人だなと思えた。ですから、数回会いましたが話も弾み流れで交際スタートとなりました。しかし、昔から仲良しの友人から「彼はどんな人?」と尋ねられその彼の事を考えあれこれ話すうちになぜだか「あ、嫌いかも」って気持ちが冷めてすぐさま別れることにしたんです。やっぱり付き合うなら相手を知っておくことも大事なんですね。

話の最中に自分の母は…などと頻繁に、明言せずとも交際してる相手がとてつもないこだわりを持っているならば、内容にもよるんですがマザコンの疑いがあります。彼が特におかずの味、焼き色の付け方、おまけに盛り方とかにも執着心があるのなら、彼の母親のご飯が一番美味しい、と心から思っている証なのです。マザコンの男性はちょっと難しくておまけに扱いに困る存在ともいえます。だからどこにこだわりがあるか見抜くのも必要になります。

部屋のする香りにかなりうるさい意見のある一緒に住む彼に芳香剤のことでなんで?と思うほどご機嫌斜めになったなんてこともありました。私自身は主張しすぎない花の香りのほうが好きなのです。いつも同じというのも嫌になるので、時には彼の買ってきてくれた芳香剤が無くなったので私の大好きなアロマ系の芳香剤にしたんです。このことがご機嫌斜めになった驚きの原因です。彼は芳香剤の王道!の香りがめっちゃ好きなようですが、その芳香剤というのが実は彼氏のお母さんが好きな香りで実家でも長年使っていたんですって。この件以来、もしかしたらマザコンじゃ?と疑っていたんですが、実際彼氏は引くほどのマザコンだったことがわかりました。

お互い相手を思い遠慮してしまった結果後から悔やんだという過去はありますか?私の話なんですが、相席居酒屋に行き、出会えた男性とご飯に行きましたが、会話の内容が好みのタイプの話題となり、男性は「性欲の強い子」と答えていました。その後私を家まで送ってくれたのですが、なぜか互いにあと一歩が踏み出せずに家に上げることもなく、それに加えて連絡を取り合うこともしませんでした。

確実な言葉なく場の雰囲気で付き合うようになると破局してしまうことになっちゃうケースが多いですし、最悪のケースだと「付き合うって言ってない」とか言われることもあったりするのです。なので絶対にどちらでもいので告白すべきと意見しておきます。きちんとした言葉なく恋人関係になるのが回避したいんだけど自分のほうからどうしても言葉にはできないのならば自分ではなくお相手の方から告白してもらえるようにうまく誘導させて告白を待ちます。公園とかの場所なら雰囲気的には告白するには差支えないでしょう。

女は現実より想像を優先するものです。例を挙げるとデートなら「毎回高級店に行きたい」贈り物は「ブランド品」という感じです。男というのは想像よりも数値の生き物です。男側というものは強がってでも必要なものさえ削り好きな恋人のためにどうにかしてお金を出すでしょう。ですから、彼女の思い描いた理想が記述したような状態であれば男性の財布はパンクします。何だってしたいという気持ちはもちろんですが、「手持ちがないんだよね」という感じで素直に打ち明け、家デートにするなどして破産する前にしっかり策を講じることがとても大事です。

実は私は時々使っている相席屋で相席になった初めて会った彼に迫り数時間後に落とせたことがあるんです。会ったときにめちゃくちゃ好印象でしたから、チャンスだと思い意見があったらすかさず「同じ!」と彼に良いながら「このままずっと話していたい」とお願いしました。その後、一緒に家まで行き、「付き合うか決めないなら、もう次は無いよ?」なんて感じで迫ってみました。初対面の男性でなくてももし、相手がはっきりしない時は、グイグイと迫るのもアリです。

彼はけっこうマザコン男です。レストランに行こうとした時なんと自分のお母さんも一緒に行きたいと申し出る私の彼氏。楽しみにしていた食事に「なんで!」と思いましたし心からそれは嫌、と言いたかったです。だけれども、大好きな相手の望むことを断り切れず実際は断りたい想いをぐっと辛抱し、OKしたんです。ディナーの夜は私は恋人の母親を「単なる銀行」なんて決めつけることにしたのです。そう考えても彼の母と同席して外に食事に行くのはすごく辛いものでした。酷いですがお金を払う単なる銀行という存在なんだし美味しい物が食べられると思い一緒に食事したのです。

DENEBLOG