呼吸という行為は真に必要なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレスは心底大切なことです。1日あたり約3分間意図的な息を実行してみると体の内部がちょっとずつ元気になって、健康美女さんになり得ます。先に7秒間肺内にある息を出し切り、それと同じように約7秒間かけて鼻側から吸います。この行動を反復して約3分間持続します。順応してきたら14秒、21秒、30秒などと時間を増やしていきます。全体の代謝が一歩一歩素晴らしくなっていくのが実感できるはず。

生活の中でほとんど汗など出ない、かつ運動する習慣がない、といった人もいらっしゃると思います。体を動かさない人の為にぜひおすすめしたいのが半身浴なんです。半身浴イコールダイエット目的、という風に結びつける人もいらっしゃると思いますが、新陳代謝が上がるというような働きにはあまり効果がないとの人もあります。だから私が半身浴がオススメの訳というのはなんといっても汗を出す、という意味なんです。汗をかくことというのは健康面と美容面で素晴らしい効果があるからです。汗が出るということは体が温まっているということです。このことによって、血流が良くなります。実際に、ツヤのある肌をしたきれいな人ほど男女関係なく汗をかくような身体づくりをしています。もちろん運動をしていても発汗はできます。普段から、運動している人は加えて半身浴もすると相乗効果により汗が出やすくなります。体を動かさない場合は、半身浴を続けることで普段の行動でも汗をかくようになるんです。半身浴しながら読書やラジオを聴くなど心地よい時間を時間を過ごしつつ、心地の良い汗をだし、美肌を目指しましょう。

人間は強い精神的なストレスを経験するとそのため体の痛みも強くなり、お肌にも悪い影響があります。なので、どうするべきかというとストレスをあまり蓄積しないという習慣を身につけようとすることが重要です。ところが、生きていればどんなに注意を払っていようが、突然、大きな精神的な負担を受ける場面もでてきます。そういうことになったのなら自分自身の心の状態を冷静に見定めて、最適な対処をしていくようにしたいものです。

1日の中で15分程度太陽の光を浴びると幸せホルモン、セロトニンと呼ばれる物質の働きが活発になり、より良い睡眠がとれるようになって美容への高い効果がアップします。加えて日光を浴びることをすると体内でビタミンDの生成を促進するので肌に美白効果をきっとあります。といっても、15分間にもし日焼け止め効果のあるものをしてしまうと、15分使った日を浴びることをしていても日の光の入らない所でこもってのと同じです。

ストレスを受けると身体を冷やしてしまうこととなり、美容の観点から見てもストレスを受けることは良くはありません。そのためにストレスをあっても、とにかく速やかに始末するように心がけることで、冷えた身体や体調不良を楽に可能です。たとえば精神的な圧力を少なくするのにも使えるとも言われる深呼吸とかヨガ、あるいはマインドフルネス等は心を落ち着かせるためにも大いに効果があります。

常日頃、手入れしていても何の前触れもなく顔を出しているシミ。この表面化した嫌な「シミ」を落ち着かせることに効果が期待できる有効な成分というのがビタミンC誘導体と言われる成分になります。ビタミンCが美白対策に良い、ということは多くの人がご存知だと思います。ですがビタミンCについては、強い抗酸化作用があるものの皮膚に塗ったとき多少刺激を感じます。そして、分子が不安定なものであることから壊れやすく肌への浸透率が悪いのです。このようなビタミンCにおける欠点を改善し、より一層肌への効果を強化したのがビタミンC誘導体なのです。ビタミンC誘導体には油溶性・水溶性、それから油溶性と水溶性の両方の特徴も持っているもの、と3タイプがあってたくさんのシミ対策の化粧品に含まれているんです。

美容室などでは毛をカット前に大部分がシャンプーをしますが、その訳は心地よくなる効果のためではなく滑りよくカットするためと言う訳があるんですって。特に髪の毛の先へのハサミの入れ方などハサミの入れるやり方次第でほんの少しの違いで全部の雰囲気が変わってしまうためにシャンプーしてからカットという順番にする事でこちらの要望通りの髪型に切れるようにしているのがその訳です。とうぜんシャンプーを断るという選択肢もありいちおうは構わないのですが、単なる店側の利益だけのためばかりではなかったんですよね。

湿気がある梅雨入りすると、毛の量が多い方の悩みに「髪の広がりやうねりに困っている」といった事が挙げられます。梅雨になると高い湿度です。空気中の水分、要は湿気を髪が吸収してしまうために髪の毛が広がり、まとまらなくなります。たとえ湿気の高い場所でも髪の内部がちゃんと水分があるのなら入る隙間がありませんので水分が吸収されることはないし広がることもないんですね。それゆえ広がりで困っている人はとりあえず、しっとりさせてくれるタイプのシャンプーで髪を洗いましょう。それから、風呂から上がったあとは面倒がらずにドライヤーを使って髪の毛を乾かしてください。乾かすときはいい加減ではなく100%乾かします。そうしていくことで、髪の広がりも抑えられます。完全に乾かしたら潤いがなくなってしまうのでは?なんて思うかもしれないのですが、ちゃんと乾かしてあげることで開いたキューティクルを閉じ髪の毛の内部の潤いを留めることができるのです。それから、ドライヤーをかける時は、毛流れに沿って風を当てる時は頭の上から当てるといいです。

小鼻の黒ずみや毛穴汚れなんかが目立ってどうしようもなくきれいにしたい際は、ベビーオイルなどのオイルを使用し、くるくると撫でるように力を入れずにマッサージしてみてください。マッサージするのなら毛穴が開く湯に浸かった後が効果的だしオススメになります。ホッとタオルを使っても毛穴は開きますので、毛穴が開いている状態であれば入浴した後以外でも必ず効果はあります。マッサージは強い力でしない、圧がかかっている感覚がないように余るほどオイルをつけるようにしましょう。それに顔全体のマッサージをするのもいでしょう。マッサージが終わって顔を洗ったら開いた毛穴に新たな汚れが入ってしまわないように冷たい水で毛穴を引き締めます。冷やして使うアイスマスクなどのグッズも購入しておいて、ゆっくり時間をかけ冷やすならアイスマスク、もしくは化粧水を利用するのも毛穴を引き締めてくれます。

歳をとるによって誰も身体の代謝が下がっていきます。それは仕方がないですが老化の救世主となる可能性があると言われるのが褐色脂肪細胞というもの。褐色脂肪細胞とは肩ならびに肩甲骨の周囲、さらに鎖骨の辺りなどに多数存在し、熱量を燃やす作用があるんです。褐色脂肪細胞をエネルギーを消費して行動的にさせるにはどうやるでしょうね。肩甲骨を活動させるとかの手法もありますが、『凍らせた保冷剤を褐色脂肪細胞が多い場所に当てる』のみでアクティブになって脂肪が消費しやすい体質にチェンジしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。