「ヨガ」とは健康にいいだけではないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨガという体操は体にいいだけではないんです。その簡単そうな見た目やゆっくりした動作からは予想されるよりずっと消費されるカロリーは大きいのです。何度もやることで血行不良の改善、それに基礎代謝のアップ、などの作用もあって美容にも一役買ってくれます。美容、そして健康の二つに良い効果をもたらしてくれるため「ヨガ」を行う方はたくさんいます。「ヨガ」は呼吸、姿勢、身体の重心といったものを意識して行うのが大切なので、スクールなどに通われている人もいるでしょう。でも本格的なヨガでなくても、誰でもすごく簡単にできるヨガのポーズがあります。それというのが、手足の血行を良くしてくれるその名もゴキブリのポーズなんです。寝ころんで手と足を上にあげ手と足は力を抜いてブラブラと小刻みに動かしていきます。こんな誰にでもできる動きで血行を良くする上に、むくみを取る効果もあります。日常生活に、ほんの少しでもヨガを取り入れれば良い影響が出ると思います。

ストレスを少ない方が健康にいいのがいいと思うのでしたらば、手の空いた時間などを利用し、整った呼吸に意識を向ける習慣を付けることをしたら、いらない精神的ストレスを溜めることをかなり阻止できます。当たり前ですが、苦痛の感じ方は個人個人で違いがありますが、たとえストレスが苦手な体質やあるいは性格だとしても、ただちに適切に処置するのを心掛けていれば、あまり害を受けずに済むでしょう。そうしないで強いストレスにさらされると、美容にも悪影響なのであなた自身で配慮しましょう。

事務仕事になるとだいぶ作業の間椅子に座ったままです。あるいは接客業においては反対に一日立ちっぱなしになります。自分自身でも感じている人などもおられますが、こんな長時間同じ状態、になると脚がむくみやすくなってしまいます。時間が経つにつれて靴の大きさがきつくなる時は、このむくみの症状のせいなんです。こういった症状を和らげるために近頃では着圧ソックスや着圧タイツといったまったくいろんな下着などが売られています。もうすでに、着圧ソックス、タイツなどの用品を取り入れているにもかかわらずどうしても脚がむくんでしまう場合は、脚のリンパマッサージを試してみると良いでしょう。筋肉と骨の間を指で(指全体でもいいです)上の方に押し流すだけです。そうとうむくみが酷い場合、痛みを感じることもありますが、これを無理やり我慢してリンパマッサージする必要はありません。ソフトになぞるだけでも充分に効果はあります。マッサージも簡単なので可能であれば寝る前のルーティンとして毎晩できると、効果も出やすいです。

コラーゲンは分子の大きい物質なのです。人間のお肌はバリア機能というものが備わっているので、大きい分子は通ることはできません。ということは当然ながら大きな分子のコラーゲンは皮膚の表面を通過することは不可能なのです。それにより、スキンケアアイテムによってコラーゲンを表面から肌内部に与えようとしたところで決して通り抜けることができないので肌内部に存在するコラーゲンになることはあり得ません。スキンケア用品などに配合されるコラーゲンというのは、基本的にはお肌表面のの水分量を維持する作用を目的に配合されているのです。表面的に水分が減ってしまえば、色々な肌トラブルを生じる要因にもなります。スキンケアアイテムに含まれるコラーゲンは、潤いが肌から抜けないようにしっかり保護してくれます。

私はどんな事でもできた学生時代の時になんとかしたくなり出した毛穴を、自分で稼いでようやくフェイシャルサロンの方へと伺うことにしました。最初はより詳しい肌データを取るためには、ちいさなレントゲン装置のようなマシンで測定をしました。測ったら自分の肌の中の方の様子までよくわかり、シャワーを使って洗顔している事実もわかったのです。こんなにわかるなんて!本当に驚きました。不安だった結果はなんと水分、油分ともに不足した乾燥肌でした。。

紫外線も強い夏には日焼け止めクリームや虫よけなど、多くのものを塗ると思いますがそれでも絶対に塗るべきではないものなんてのがあります。レモンなどのフルーツ類です。どうしてって思うけど、レモンなどの柑橘系の成分がお肌に付着したまま紫外線を浴びると、植物性光線皮膚炎と呼ばれる火傷に似た症状を発症することがあります。だから暑い夏の間に一見良さそうに見えるから柑橘系フルーツをお肌に塗るのはやってみたくなりますが、間違っても絶対にやるべきではないのです。実は肌荒れを起こしかねないのです。

かかるストレスを可能なら減らしていく、といったことは美容への効果を高めることにもなるんです。ストレスが溜まると自律神経が不安定になり眠りが浅くなってしまったりホルモンのバランスが悪くなってしまい、肌荒れの主原因となり得るからです。身体を動かすことでストレスを発散することができる、といったことが実験によっても明らかでるから、運動することが習慣となっている人はストレスを上手に減らすことがしている、という風に言えます。だけれども、そのような時間の確保が難しい人なんかも少なくないと思います。そういう人の為にストレス解消法の一つに時間はかからず外出する必要もなく今いる場ですぐできるやり方があるのです。それはズバリ、深呼吸なんです。深呼吸を行う際は息をゆったり吐いて、ゆったりと行えば、無意識のうちに腹式呼吸になるんです。さらに、深呼吸することに意識を集中させると、色々な考えを遠ざけられて様々な事を多角的に見ることができます。

日々、同じ感じで生活していると感じていても、実際には日が違うと体の調子は違ってくるものです。充分に寝ていないときっちりと疲労を癒せないので、そのことが昼間の行動に悪い影響を及ぼします。さらに、お肌が荒れたり精神面での不調なども引き起こし兼ねません。充分に睡眠が確保できていないことによって疲労が蓄積され、そういったことが生じやすくなります。自分自身では見落としやすいことでもありますが、充分な睡眠をとるということにおいては実に良い意味でも悪い意味でも影響する、人が生きていくうえで非常に大切なことです。睡眠が足りていない際には少しの時間でも仮眠をとる、といった対処をするのがよろしいです。短くても仮眠をとるのが当然いいわけですが、それも難しいなら目をつぶることでも脳を休めることができて、寝たのと似た効果がありますから、身体への負担を減らせます。

ダイエットを行うときに健康状態に意識を向け習慣化していくことで単にダイエットがうまくいくだけではなくて間違いなく美容面でもうれしい結果を得ることができます。やっぱり健康体で美しい、ということより良いことはないのです。ダイエットをした後で目標に到達し体重を減らせた方なんかももちろんおられると思います。体重の増減だけを見るとうまくいっている。なのに、なぜかダイエットを開始する前よりも顔色が悪く老けて見える場合も少なくないはずです。やはり期間が長くなると即座に結果が出るものではありませんので短期間でダイエットしてしまう人がいたとしても当たり前かもしれません。それに、有名人などはたった何ヶ月という短い時間で体重を減らします。しかも、健康を損なうことなく、です。ですが、このような人たちの場合はきっと栄養面などの指導をしてれる人がいらっしゃっるから美を保ったままダイエットすることも可能なのではないでしょうか。自我流で短期間で体重を減らそうとすると筋肉を傷めてしまうようなトレーニングをしたり、無理なカロリー制限をすることに繋がります。身体に負担を掛けるよりも健康的な状態を保ち成功するほうが印象も良くなります。はるかに健全なのは間違いありません。不健康な体にならないために、健康に支障をきたさないダイエットを行っていきましょう。

しっかり睡眠をとっていない場合は肌が荒れやすくなったり顔の表情がすっきりとしていない、と美しくあるの面で良くはないんです。それから、単に長く寝る、ということだけではなくて、ぐっすりと取った睡眠が健康の観点はもちろん美容の面でもすごく大切になってきます。よく眠れるように、あるいは、入眠に時間がかかる人なんかに就寝前に飲んでほしいお勧めのドリンクがあるんです。その飲み物は「ホットミルク」なんです。「ホットミルク」というのは心を落ち着かせてくれる効果があるんです。交感神経が優位なまま寝ると眠ろうと努力しても無駄です。高まった状態の気持ちがリラックスモードに入るまでは布団に入っても時間を無駄にすることになります。「ホットミルク」を摂ることでそういった時間を排除することができる、ということです。それに、適度に体温を上げてくれますから、ちゃんと眠れるようになります。簡単に始められますからしっかり熟睡するためにも、また、美容のため、「ホットミルク」を習慣にしてみるのも良い方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。